最もポピュラーな武術:空手

空手は最もポピュラーな武術です。それは日本においてということだけではなく、世界においてという意味でも同様です。世界の空手人口は、全流派を合わせると6500万人を超えるとも言われています。2020年東京オリンピックの種目に採用されたのも当然と言っていいかもしれません。

ただその流派は余りに多様に枝分かれしていて、同じ空手と言ってもかなり流派にによって違いがあります。空手には4大流派と呼ばれる主要な流派がありますが、実は一般的によく知られているのは極真空手の極真会館であったりします。しかしその極真会館ですら現在は分裂して幾つもの会派に分かれているのです。

全ては沖縄から

そんな空手ですが、どんな流派もルーツを辿ると全ては沖縄に辿り着きます。元々沖縄には古来から伝わる武術として、沖縄独自の「沖縄手(ウチナーディー)」と呼ばれるものと、中国起源の「唐手(トーディー)」と呼ばれるものがありました。これが琉球処分後どちらも含めて「唐手」と呼ばれるようになり、読み方も日本語読みの「からて」となりました。

そしてこの「唐手」を、先ほども挙げた4大流派の一つ松濤館流の開祖、船越義珍が「空手」として広めたとされますが、船越自身は元々この言葉はあったものと述べていたそうです。いずれにせよ彼によって一般化されたのは間違いありません。

この沖縄源流の影響を色濃く残す流派は伝統派空手と呼ばれ、蹴りや付きを寸止めし当てません。対して、極真一派に代表される実際に打撃を当てるルールを採用する流派を実践空手といいます。